理想の家に出会うまで。

私たち夫婦が最初に購入した家は、新築の一戸建て。出勤するにも交通の便が良く、ほどよく田舎の雰囲気も残っているような、都心のベッドタウンとして人気の土地でした。

遠方から結婚して引っ越してきた私は、その土地がどのような雰囲気の場所なのか、近くにどういったものがあるのか…などなど何も分からず、夫に任せっきりで購入に至りました。

理想の家に出会うまで。  私たち夫婦が最初に購入した家は、新築の一戸建て。

虫歯

出勤するにも交通の便が良く、ほどよく田舎の雰囲気も残っているような、都心のベッドタウンとして人気の土地でした。遠方から結婚して引っ越してきた私は、その土地がどのような雰囲気の場所なのか、近くにどういったものがあるのか…などなど何も分からず、夫に任せっきりで購入に至りました。

住むうちに段々と様子が分かりだし、住んでいる人たちの雰囲気や小学校・幼稚園の様子も見えてくるようになりました。そして少しずつ、自分に合わないと感じ始めたのです。 住んでみないと分からないものですね。

夫も会社の同僚にいい場所だと聞いて購入したものの、夫自身もなんだか合わないと感じ始めていたようで家の中の雰囲気も徐々に雲行きが怪しくなりました。 夫婦ふたりの頃に選んだ家。子どもが産まれ、ペットが増え、そしてまたもう一人家族が増え…。少しずつ感じていた違和感は、生活スタイルが変わるたびに誤魔化しきれなくなってきました。産まれてきた子どもの性格もあると思います。私たち夫婦の子どもは難しい性質の持ち主で、家の間取りや環境を整えてあげないとすくすく育たないタイプだったのです。

家は一生の買い物だと信じていましたし、売って引っ越すという選択肢は考えたこともありませんでした。(今思い返すと夫はたびたび「いつか引っ越す」と言ってはいましたけれど冗談だと思っていました。)でも子どもが大きくなり、中学も目前になって来たころ、限界が来ました。

それはもう、突然に家族に大きな出来事が起こったのです。 今は隣の自治体に引っ越して平和に暮らしています。家族の性質や生活スタイルも十分分かったうえでの新しい家への乗り換えだったので、とても平和になりました。家が違うだけでこんなにも心の平穏が得られるものかとびっくりする位です。 家は三回建てて初めて理想の家になる、と聞きますが、なるほど…。と思います。

人生は頭の中で思い描いたようには進みません。我が家も家族がある程度一緒の時を過ごし、知り尽くしてから購入した家が一番自分たちらしく、ぴったりな家に感じています。

賃貸物件探しに行ってみて

初めての一人暮らしの時、ドキドキしながら不動産屋さんに入ったのを覚えています。
実家からでるということで、一人で生活をしていくということがどういうことかいまいち想像もできていなく、自分に合った物件が何なのかもわからなかった。

そんな中賃貸の不動産屋さんに相談をしに行くととても親切に教えてくれました。
まず、自分で家事をやっていくので生活導線がどの感じが自分に合っているのか、歩くのは好きだし駅から多少遠くてもいい物件があればそっちのほうがいいのか、安いスーパーが近くにあるのか、女性が一人で住むのには危険な地域じゃないのかなど様々なことを教えてもらいました。

歯ぎしりを改善

結局三件内見することになって、駅からの距離と部屋の雰囲気の二つを見比べたときどっちがいいのかを判断して消去していきました。駅から多少遠いけど部屋が広くきれいな方に最後は決まり、いざ引っ越すと初めての一人暮らしは何の困難もなく始めることができました。
二回目の引っ越しの転機が訪れました。それは、結婚です。私も旦那も仕事が忙しく家にはご飯とお風呂と寝るだけのような生活でした。なので、荷物が置けて、簡単なキッチンとお風呂ついてれば一部屋でもいいと話していました。

不動産屋さんに旦那と一緒に行き、不動産屋さんの方に相談したところ、一部屋は反対されました。これから何十年も一緒にいるとなると、一人でいたいときも出てきますし、子供ができたら最低二部屋はないと最初は大変ですよということでした。

その時は、お互いまだ子供も考えてなく仕事一筋だったのでまあたしかになあ。ぐらいにしか思っていませんでした。二部屋あればいいということになり、リビングダイニングを広めのところにして、もう一部屋は趣味の部屋にしました。あまり、お互い家に帰るという習慣が少なかったので、おしゃれな部屋にして帰ってきたくなる環境にしようということになりました。

デザイナーズマンションの1LDKにして、今では帰りも早くなったり仲良くできています。喧嘩した時にもう一部屋あるのもすごく便利で助かっています。

ヘルパー2級はあってもなくてもそれほど変わらない。

介護福祉士

私は中学生の頃から介護の仕事に興味がありました。ヘルパー2級はあってもなくてもそれほど変わらない。 私は中学生の頃から介護の仕事に興味がありました。

ですが私は頭がとても悪いため県内で1位、2位を争う程のおバカ高校にしか行くことができませんでした。おバカ高校に入学して1年が経とうとした高校1年生の冬に2年生になると選択授業の科目が増えるという話を先生から聞きました。その中には福祉系の科目があり高校2年生の選択授業の科目を迷わず私は福祉系の選択授業を選びました。

そして高校2年生になり待ちに待った福祉系の選択授業が始まりました。2年生になると選択授業が2つあり、2つとも私は福祉系を取りました。

授業を受けていく内に「介護施設で働きたい!」という強い気持ちになっていき、2年生の選択授業が終わる頃に先生から「3年生でも福祉系を選べば資格も取れるよ」と言われ高校3年生の2つの選択授業をまた福祉系にしました。3年生の福祉授業は今までとは勉強の仕方が異なりホームヘルパー2級に向けての勉強ばかりになりました。

私の通っていた高校は普通科しかない高校だったので、福祉の高校に比べたら本格的な福祉を学ぶことをしていないかもしれませんが、ホームヘルパー2級の資格取得の為に実技や実際に福祉施設へ行って介護の仕事を学んだりしました。

一般的にホームヘルパー2級の資格を取得するとなると難しいかもしれませんが、学校を通して資格が取れたので大変なことは何もありませんでした。高校卒業後は夢であった介護職へ就職することができました。初めての就職ということもあり不安でしたが高卒の割にはお給料が良い方だったのでがむしゃらに頑張りました。

そして就職してから半年ほど経過すると夜勤もやるようになりました。日勤に比べて夜勤は「技術」が必要とされます。ですが、介護福祉士の資格を持っている先輩と一緒に夜勤を組んだ時に利用者よりも早さを求める先輩はなんだか雑のように見えました。

夜勤をするにつれて色々な先輩の技術を目にする機会が増え自分が思い描いていた介護ではなかったので1年程で退職しました。その後も2つの介護施設で働きましたが、介護職員が人手不足でヘルパー2級の資格を持っていたためすぐに受かりました。

ですがホームヘルパー2級の資格を持っている私と、なんの資格も持っていない職員では50円程しか時給は変わりませんでした。この事実を初めて知った時「ヘルパー2級の資格はあってもなくてもそれほど変わらないんだ」という現実を目の当たりにして悲しい気持ちになりました。

もちろん介護福祉士は国家試験を受けなくてはならないため私よりも時給は200円以上違います。ホームヘルパー2級の資格を持っていることで就職はしやすくなりますが、実際の所ホームヘルパー2級の資格を持っていても自分自身の体が健康でない限り再就職や、仕事を続けることは難しい資格だと思います。

思っていたよりも大人な息子

いちご鼻と洗顔

「Uちゃんね、パパみたいに大きなクルマに乗ってみたいの。かっこいいよ~!」

と乗り物が大好きなUちゃんは、最近大型のドライバーであるパパが憧れ。
お散歩などで大型車を見ると目を輝かせて嬉しそうに話をしてくれる。

私は、Uちゃんの前ではパパのマイナスな部分は言わないことにしているので
「パパのお仕事好きなのかな?」「大きなクルマ動かせたら凄いね~」と話を盛り上げたりしている。

本音としては、もう少し違うお仕事に興味を持ってもらいたい気持ちもあるけど
まだ3歳なので夢を持って貰いたいのと親を尊敬する気持ちがあるのでそれは大切にしたいと思っている。

そんなに頻繁にパパに会っている訳ではないけど、パパのことが大好きで仕事のことも子供ながらに分っている所が凄いな~と思いつつ、
いつも一緒にいる私よりもパパなのかな? と寂しい気持ちもあったりする。

数日前、また似たようなやり取りがあった時、私のつまらない感情を察したのかUちゃんが、
「ママ、毎日お仕事頑張ってるでしょ~。最近、忙しいんだよね? Uちゃん知ってるんだよ。」
と私にギューっと抱きついて話をしてきた。

私は、ほぼ定時で帰宅するようにしているし、仕事が大変とか疲れたと言うようなことはUちゃんの前では言わないようにしてきたが、
何かを感じた様子だった。何だかどっちが大人で親なんだかわからなくて、自分が情けなくて涙がでてしまった。

パパは、存在するけど、今、世間的にはこの子の親は私だけなんだから
つまらない感情で不安にさせてはいけないと思い反省した。

3度目の離婚になるかな~

 

昔、占いでみてもらった時に、3回目の結婚で幸せになると言われたんです。
2度目の離婚をする時は「よっしゃー! 3回目がある!!」と妙に嬉しかったものです(笑)。

最初の旦那さんの子供は引き取ってもらっていたので、2人目の旦那さんとの間の娘2人を連れて離婚しました。
やっぱり、女の稼ぎでは食べていかれないのでどうしたもんかなあ~…と思っていたら、
なあんと3度目の旦那さんに巡り会えました。ゲット!!

おすすめの通信制高校

またまた娘に恵まれました。父親の違う娘4人目! 何とも凄い話です。

主人の母との同居です。これはちょっと考えが甘かったです。

田舎の人だから、嫁たるものはこうである、親たるものはこうであるという信念があって、
私がそれに沿わなかったのでしょうね。

連れてきた上の娘が、高校卒業したら大学行きたいと言ったのです。

お姑さんが怒っちゃいました。

上の娘は、中学2年の思春期の時に、私が3度目の結婚をしたもんだから、
主人とも、お義母さんともうまくいかずに、会話もなく、私からみてもちょっと良くないなあとは思えたのですが、
私も娘に申し訳ない気持ちがあって、注意もできませんでした。

お姑さんが私に、嫁らしいこともしてないじゃないか!と言ったのです。

ごもっとも、食事もお姑さんが用意をしておりました。
家事は余り好きじゃなくて、主人が自営しているため、いつもそのお店にいました。

そしたらある日、私と娘に対してのこの5年間の不満が爆発してしまいました!!

お金がないのに、何でよその子の学費を出さんといけないのか!っと。

ショック! ショック! 大ショック! 連れてきた2人の娘は「よその子」なのです。
その時、主人は何も言ってくれませんでした。

娘は、結局、今年4月から役場で働くことになりました。
これを機に、アパートを借りて、娘3人と一緒に生活をしております。

3回目の結婚は幸せになると言ったあの占いは何だったのでしょうか。

新築住宅は進化していると実感

我が家が中古一戸建てを購入して引越をする同時期に、同じアパートに住んでいたママ友も注文住宅が建て終わり引越をした。

我が家は築15年の中古住宅。室内は売主さんがきれいに使っていた為、大きな汚れや傷みはなかったものの、設備は古かった。

ママ友は、ハウスメーカーを決める際にいろいろと勉強をし、気密性が良く、断熱性に優れたメーカーが良い、と言って決めたそうだ。

お互いに引越を終え、ママ友の家に遊びに行くとクーラー1台でもLDKは涼しかった。これが「高気密・高断熱」の効果なのか、と実感した。

そして冬。ママ友の家は全館床暖房完備だ。でも高気密・高断熱のおかげで、部屋が温まれば持続するため、リビングの床暖房だけでLDKはポカポカとあたたかい。

聞けば、リビングの真上が寝室なので寝室も暖房いらずでポカポカなのだそうだ。

しかもトイレ・洗面所まであたたかい。これはうらやましい限りだ。我が家の冬場のトイレ・洗面所は寒くて仕方ない。何か対策をしなければいけないと思案していたところだったので、このあたたかさはうらやましかった。

ママ友が引越をする前に言っていた。「新しい家は、高気密・高断熱だから今のアパートよりも広くなるけれど、光熱費は安く済むはずなんだよ」と。私はその言葉をずっとママ友宅に遊びに行くまでは信じることができなかった。

だって、家が広くなれば電気代やガス代って高くなると思っていたし、一軒家は寒いものだと思っていた。現に築40年を超える実家の一軒家は寒いのだから。

でも遊びに行ってびっくり。これが高気密・高断熱の効果なのね。

しかもママ友宅はオール電化でエコキュート付き。窓ガラスやサッシも私の住む築15年の家とは大違い。さまざまな省エネの工夫がされていることがよく分かった。

住宅を購入する上で勉強不足だったから仕方ないが、世の中の新築住宅は進化しているのだな、と実感した。